読了:ふたたび嗤う淑女

読書ノート
タイトルふたたび嗤う淑女
著者中山 七里
出版社実業之日本社
ページ384
定価740円+税
初版2021年8月
紹介この悪女、制御不能!
シリーズ累計12万部突破の大ヒット作、待望の文庫化!
巧みな話術で唆し、餌食となった者の人生を狂わせる――
稀代の悪女・蒲生美智留が世間を震撼させた凶悪事件から三年。
「野々宮恭子」と名乗る美貌の投資アドバイザーが現れた。
国会議員・柳井耕一郎の資金団体で事務局長を務める藤沢優美は、恭子の指南を受け、不正運用に手を染めるが……
金と欲望にまみれた人々を弄ぶ恭子の目的とは!?
どんでん返しの帝王が放つ、戦慄のミステリー!
人気漫画家・松田洋子氏による、文庫版限定「あとがき漫画」も、シリーズ第1作『嗤う淑女』につづけて、ふたたび収録!

ひとこと感想:
第1弾に続いてのシリーズ第2段。新しいステージで主人公が華麗に舞っていく。ストーリーにどんどん引き込まれて行き、終盤に向けての緊迫感。そして・・・。第1弾で驚嘆して手法はわかっているはずだったのに、またもや、してやられたという感想。素晴らしい作品。

Amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました